「MOTTAINAI(もったいない)」。アフリカ・ケニア出身でノーベル平和賞を受けた環境保護活動家ワンガリ・マータイさん(故人)が2005年に来日した際に感銘し、世界共通語として広めた言葉だ。

 エコソング「もったいない」を歌うタレントのルー大柴さんが先日、伊東市を訪問。食品ロス削減に向けたシンポジウムで、特別講師やコーディネーターを務めた。

 大柴さんは、食品ロス削減のための活動をはじめ、「マイ箸」や「エコバッグ」といった環境に優しい自身の取り組みを紹介。来場者全員で「もったいない」を歌いながら、意識の高揚を図った。「もったいない」気持ちを皆で“トゥギャザー”したい。(佐)