下田署管内で高齢者を狙った振り込め詐欺が多発していると聞き、両親のことが心配になり、2カ月ぶりに電話をかけた。

 受話器から母親の元気な声が聞こえて安心したが「心配だったけど、忙しそうだから電話するのを遠慮していた」と言われて後ろめたい気持ちになった。こちらは面倒で連絡を怠っていただけなのだから。

 県内では、2016年に300件以上の特殊詐欺被害があり、被害総額は数億円になるという。もはや人ごとではない。両親にこの事実を伝えた後、無沙汰を謝った。

 親と連絡を取り合うことは、けがや病気の有無を確認することにもつながる。今後は定期的に連絡を取りたい。(穂)