今年も1カ月がすぎ、少しずつだが暖かさを感じられるようになってきた。寒かったからこそ、わずかな気温上昇もうれしい。4日前の1月30日は少しどころか大いに暖かさを実感した。それもそのはずで、気温は三島で18・2度、網代で17・4度、石廊崎で15・4度を記録した

 ▼暖かくなると、つい気持ちも“ノッテ”くる。体を動かしてみようか、ちょっと遠出をしてみようか、友人を誘って買い物に出掛けてみようか。そんな衝動に駆られ、知らず知らずのうち活動的になっている

 ▼あす4日は、二十四節気の一つ「立春」。暦の上では春の到来である。熱海市のあたみ桜は見頃を過ぎたが、伊東市内では伊東小室桜のピンク色の花を目にする回数が増えた。河津町の河津川沿いでは河津桜がほころび始め、伊豆を代表するイベント「河津桜まつり」への期待も膨らむ

 ▼「桜」は伊豆の春を彩る主役だ。伊豆半島の魅力を倍増させ、多くの人を魅了してきた。ならば、伊豆各地で開催される「桜」のイベントをうまく連結させ、集客増へとつなげることはできないだろうか

 ▼半島全体が潤ってこその伊豆の活性化である。春は「桜」をキーワードに、団結して華やかに伊豆を演出したい。