地名は地域に刻まれた歴史の一端を垣間見るようで楽しい。三島田方地区でも「田京」「浮橋」「牧之郷」「八幡」…。いくらでもある。由来を知らないだけに、地名から自分勝手に物語を作れそうなほどだ。

 今回赴任して改めて気になった地名の一つが担当町の「函南」。当然「かんなみ」と読んだが、以前「はこなん」と言った人がいたとか。“全国区”の北海道・函館から浮かんだ言葉らしい。でも、函南とはどのような由来から生まれたのか。気にはなっていた。

 最近知った。「函嶺(かんれい)の南」の意味だという。函嶺とは箱根の別名。地理から命名したのかと、納得する。でも自分勝手な物語は作れそうにない。残念。(鳥)