世界最大の旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」をご存じだろうか。世界各国のホテルや航空会社、飲食店などの情報が2億件以上掲載されていて、多くの外国人観光客が海外旅行の際に参考にするそうだ。

 美しい伊豆創造センター主催のインバウンド研修会で、講師の阿川正彦さんが大きな効果が見込めると、飲食店経営者らにサイトへの登録を強く勧めていた。

 それだけでは不十分で、会員制交流サイト(SNS)やブログ、無料通信アプリなどを使って英語で情報発信することも重要だという。新しいツールを積極的に活用しつつ“英語力”を磨いて、自信を持って外国人を迎えられるようになろう。(穂)