南伊豆町の「第19回みなみの桜と菜の花まつり」が開幕して3週間。多くの観光客が訪れ、菜の花結婚式や軽トラ市、伊勢エビみそ汁の振る舞いでにぎわった。

 開花が早く長くもたないのではと心配されたが、花は連日の強風に耐え町役場周辺ではまだ楽しめそうだ。ところが祭りのチラシを見ると2月25、26日の週末で、イベントは全て終わってしまった。

 恒例の「夜桜☆流れ星」がボランティア不足などでなくなり露店は並ぶが、3月はイベントがない。やみくもにやればいい訳ではないが、少しもったいなく思う。

 桜まつりは来年で20回の節目。無理に背伸びすることはないが、どんな形がいいかよく考えたい。(航)