「自由」の象徴的動物といえば猫だ。“接客”する猫がいる宿や店が人気を集めているという。旅行予約サービス大手・楽天トラベルがこのほど発表した「全国の宿自慢の『看板猫ランキング』」の10位に、伊東市内のペンション、民宿など4軒が入った。

 日本人は、動物に自然な姿を求める傾向が強いという意見もある。人を気にせず気ままに振る舞う猫。野性の特質を残した自由さが、人気の源ではないだろうか。

 猫ブームの一方で、犬の存在も忘れてはいけない。猫は旅に向かないが、犬は喜んで飼い主と道中のお供をする。猫に比べ犬の受け入れ可能な宿や観光施設が多いのは明らかだ。猫、犬ともに観光に生かしたい。(佐)