下田市の下田地酒倶楽部(進士英治会長)がつくる純米吟醸酒「黎明(れいめい)」、辛口淡麗の味わいが好評だ。今までは会員向けだったが、今年は一般販売を拡大する。25日に一丁目のむさしで新酒試飲会があったので、わくわくしながら参加した。

 1時間ほど遅れて会場に着くと、集まった人は既にべろべろ。あまりにうまかったのか、テーブルには空き瓶ばかりが並んでいた。残った瓶を探し、なんとかコップ2杯ほどありついた。

 黎明は今年で第15期。下田ゆかりの女優・有馬稲子さんが命名した。稲梓地区で栽培したキヌヒカリを原料に、富士市の酒蔵でつくる。筆者のように飲み足りない人は取扱店へ行こう。(航)