オオシマザクラで真っ白に染まった山=下田市大賀茂から撮影

 山並みが白く染まる季節が訪れた。積雪ではなくオオシマザクラだ。賀茂地区では当たり前に思われているようだが、伊豆半島の中でもほかにない光景だろう。

 葉の成長と共に開く素朴な白い花が特徴。古老に聞くとかつて木炭の原料として植えられたという。炭の消費低迷により山に残された。

 下田市大賀茂や南伊豆町吉田などでは、一山が真っ白になる。同様の景色は伊豆北部では見たことがなく、昨年4月に下田支社へ転勤したばかりのときは写真を撮って回った。

 観賞用に植えられたのではないが、春の賀茂を彩る資産だ。今年も見事に咲いた。素朴な色合いが里山に似合う。地域PRにも生かせないか。(航)