伊東市の松川河口にある「なぎさ公園」は、彫刻家・重岡建治さん=同市=の野外彫刻作品が18基も並ぶ。重岡さんの作品だけを約3千平方メートルの公園に配し、文化性の高い、都市景観づくりを目指して1990年度から整備を進めてきた

 ▼伊東市の魅力を体感できる素晴らしい空間で、海、空、愛、家族などをテーマにした作品からは温かい雰囲気が伝わってくる。少年のように純粋な重岡さんの人柄が表れているかのようだ。触れて楽しむのが“重岡作品”であり、寝転んだり、腰掛けたりする人の姿をよく見掛ける

 ▼対岸はわが国初の洋式帆船を建造した英国人ウィリアム・アダムス(三浦按針)を顕彰する按針メモリアルパーク。そこから少し歩くと大正から昭和の温泉情緒を今に伝える「東海館」、伊東市が誇る医学者・文学者の木下杢太郎の記念館もある

 ▼歴史・文化・芸術を堪能できる街歩きコースであり、もっと魅力を発信したい。それぞれが素晴らしい地域資源だが、組み合わせることで相乗効果は飛躍的に高まる

▼街歩きの起点や距離、所要時間を示すことで、観光客も利用しやすくなる。市街地に人を呼び込み、活気を生み出したい。薫風の季節、伊東市の魅力は倍増している。