下田市外ケ岡の道の駅・開国下田みなとのトイレに、下田の面白いエピソードがいくつも掲示されている。これが非常に興味深い。

 例えば「黒船とはいえ、どれもこれも黒一色ではなかった(中略)ペリーが旗艦にしたポーハタンは1852年建造の最新鋭艦で、派手に赤すじを入れていたから『赤すじポーハタン』と呼ばれていた」(幕末下田ばなし)など。思わず「なるほど」と声を上げてしまった。

 こうした小話があると、旅の記憶がより鮮明に残る。再訪のきっかけになるかもしれない。観光振興ではリピーターを増やすことも重要だ。紙一枚を掲示するだけでも、内容次第でその効果は大きく変わってくるだろう。(穂)