夜に長浜海浜公園付近を車で走行していると海側から飛んでくるものを見つけた。「ロケット花火」だとすぐに分かった。高く上がり、“上空”でパンとはじける音が聞こえた。間違って走行中の車に当たると大きな事故につながる可能性もある。

 熱海市消防本部は市内の幼稚園・保育園で安全に花火を楽しむための「花火教室」を開いている。実際の手持ち花火を使い、けがや火事が起きないように「周囲に危ないものがないか確認」「悪ふざけはしない」などの大切なことを園児に伝えている。

 これから夏も本番。花火を楽しむ機会も増えるだろう。自分たちだけでなく、周囲の安全もしっかり確認して正しく楽しんでほしい。(北)