県庁に取材に行って時間が空いたので別館21階の展望ロビーに行ったら、偶然「さくら写真コンクール」の優秀作品展が開かれていた。「県内の桜」「富士山と桜」の2部門の入賞・入選作品約30点が展示されていた。

 窓の外にはどんよりとした梅雨空が広がっていたが、展示コーナーだけは春に逆戻り。春風に揺れる古木の桜、朝焼けの富士山をバックに咲く桜、満開の桜の下で繰り広げられる祭礼など、華やかな桜あり幻想的な桜ありで、季節外れの花見を楽しませてもらった。

 入賞・入選作の中に沼津市井田で撮影したものが3点もあった。桜と海、富士山を一緒に狙える絶好の場所なのだろう。いつか桜の季節に行ってみたいとった。(水)