将棋の最年少プロ棋士の藤井聡太四段は、最多連勝記録で日本中の注目を集めた。残念ながら連勝記録は29で止まったが、まだ中学3年生ということを考えると、今後の活躍に期待が膨らむばかりだ

 ▼新聞やテレビも連日のように取り上げている。対局の際に食べる「勝負メシ」をはじめ、さまざまな話題が紹介され、気象庁のホームページ(HP)で全国の積雪状況を見るのが趣味という“凡人”には理解しがたい情報もあった

 ▼同庁HPでは、大雨の際に河川の氾濫や道路、住宅への浸水が発生する可能性を5段階の色分けで地図上に表示する「危険度分布」の公開が始まった。どの場所がどれくらい危険か視覚的に認識できるようにして避難などの判断に活用するのが目的だ

 ▼伊豆市防災指導員の本年度第1回研修会で、土砂災害について講演した沼津河川国道事務所職員は、大雨などの際、スマホやパソコンで気象情報を確認する大切さを強調。土砂災害は年間に全国で千件前後、県内で平均50件発生していることも紹介した

 ▼藤井四段のような「天才」は歓迎だが、「天災」はない方が良い。被害を最小限に抑えるため、趣味とは言わないまでも、日頃から気象情報を見る習慣をつけたい。