伊東市の宇佐美海水浴場で「海開き海上安全祈願祭」が行われた。神事や恒例の「アサリまき」で千客万来と安全を祈った。伊東オレンジビーチの海開き「伊東海の安全祈願祭」は22日の予定。本格的な海水浴シーズンの幕が開けた。

 宇佐美の海水浴場は延長約1・5キロと市内最長。遠浅で自然の砂浜が残る定評のあるビーチだ。以前、中伊豆に住む友人に「亀石峠を越えると、初めて目に飛び込む海岸。気持ちがワクワクする」と言われた。生まれ育った地元の海を褒められ、うれしかった。

 宇佐美観光会の深辺典洋会長は「暑い夏を期待し、事故なく、にぎわいあるシーズンにしたい」と期待した。無事故の盛夏を願いたい。(佐)