「皆さん、私の言う通りに絵を描いてください。隣の人に相談してはだめですよ」。伊東商工会議所で開かれたコミュニケーションに関するセミナーで、講師の角本紗緒理さんが呼び掛けた。受講者は言われるままに、家、池、犬、月などの絵を描いた。

 「出来上がった絵を見せ合って下さい。同じ言葉から想像して描いたのに、全く違うでしょう」と角本さん。この結果を基に、コミュニケーションの難しさを説明した。「この絵のように、同じ言葉でも自分と他人のイメージするものは異なります。コミュニケーションも同じ。大切なのは、誰が聞いても分かるように話すこと、そして正しく伝わったかどうか絶えず確認することです」―。(水)