河津町の本谷川の上流から順に、滝つぼが釜の底を思わせる〈釜滝〉。流れがエビの尾びれに似る〈エビ滝〉。周りの玄武岩が蛇のうろこに似る〈蛇滝〉。像「踊り子と私」があり記念写真スポットの〈初景滝〉。白い流れとのコントラストが美しい〈カニ滝〉。支流との合流点にある〈出合滝〉

 ▼そして河津七滝最大の高さ約30メートル、幅7メートルを誇る〈大滝〉(ちなみに滝は全て「だる」と読む)。伊豆屈指の名[めい]瀑[ばく]で、映画やドラマなどのロケ地としても数知れず登場している

 ▼わずか1キロほどの距離でこれだけの滝巡りを楽しめるスポットはそうそうない。珍しい階段式のつり橋、展望デッキもある。清流が発するマイナスイオンと涼感をたっぷり体感できるコースは真夏でも爽やかだ

 ▼2011年、大滝遊歩道が台風で一部崩れるなどし通行止めになった。安全対策に向けた協議で町と地主が理解し合えず、一般観光客は大滝の素晴らしい眺望を見られなくなった。当たり前に見られた景勝を欠いた“喪失感”は小さくなかった

 ▼一昨年に両者の交渉がまとまり工事を経て、約6年ぶりに開通した。この3連休も多くの観光客でにぎわっている。河津七滝巡りは全てそろっていなくてはならない。