「定休日」「休憩中」「ただいま準備中」−。店舗の看板でよく目にする。先日居酒屋で出会った一人の男性から看板の不適切な使い方について聞いた。

 男性は大阪で会社を営み、熱海市には妻と旅行で来たという。初日の午前、目当ての店には「定休日」の看板。別の店で食事した後、前を通ると営業していて驚いたという。「休憩中・準備中なのに『定休日』を掲げるとは信じられなかった。1組の客を逃している。商売人としてのプライドが足りない」と力説した。

 実はその居酒屋も同様に夜から営業するのに定休日の看板を掲げ、男性は一度は通り過ぎたのだという。感心すると同時に男性の鋭い観察眼に平伏した。(北)