2年ほど前から支局のそばで畑の一角をお借りし、素人ながら季節の野菜を育てるまねごとをしている。せっかく手塩にかけて育てても、虫が葉を食べてしまったりと難しい。

 そんな農作業に不慣れでいまだ初心者の筆者だが、国内トップシェアを誇る松崎町で桜葉(オオシマザクラ)のハウス栽培が成功したと聞いたときは、心底すごいと実感した。

 一般的な露地栽培とは全く異なる画期的なアプローチで、県内初のハウス栽培による桜葉を生み出した園芸業の河浦輝雄さん。一度はあきらめそうになったという偉業の根底にあるのは「町特産の桜葉を何とかしたい」というあふれる熱意だ。農業に関心のある若者に、その切なる思いが届くとうれしい。(藤)