健康福祉センターで開かれた福祉講演会で、講師の講談師田辺鶴瑛さんが誤嚥(ごえん)予防に効果のある体操を紹介した。あごを動かさずに「ラレラレラレラレ ラリルレロ」と大きな声を出すのだという。「誤嚥を防ぐには、舌の根っこの部分を鍛えるといい。あごを動かさないでラレラレ言うと、のどの辺りの舌の根っこが疲れるでしょう。これが効く。ラ行だけでなく、タ行やナ行もいい」などと説明した。

 説明を聞いた後、来場者が実際に行った。「ちゃんとやっている人とそうでない人は10年後に差が付く。後悔しないよう家で鏡を見てやってみて。変な顔をしているから、気持ちも明るくなるはず」との言葉に会場は笑い声に包まれた。(水)