伊東市富戸の伊豆四季の花公園で、スイフヨウが開花した。朝から夕方にかけて白い花がピンクに変色する一日花。時間帯によって違う風情があり、面白い。同園では10月末まで、500輪以上が順次咲く。

 アオイ科の落葉低木のこの花は、漢字で書くと「酔芙蓉」。酒を飲んで顔が赤くなる様子を連想させることから、名付けられたという。

 絶世の美女とうたわれた楊貴妃のほろ酔い姿にも例えられている。ちなみに、花言葉は「心変わり」だそう。

 記者も、夕方から晩にかけて変色することが多い。白からピンクというきれいな変化ではないが、妙に親しみを感じるのは気のせいだろうか。

(佐)