25日夜、ウオーキング中に初島方面を望むと、暗い夜空に無数の星がきらめいていた。この夏は曇りや雨の日多く、久しぶりにじっくりと星を見た気がする。天の川のそばに、雲状の星の塊が肉眼で見え、空の透明度が上がったことを感じた。

 伊豆の国市大仁では、修善寺道路に架かる新大門橋から、狩野川の土手に咲く一面のヒガンバナを見た。延々と続く土手の一部が赤く染まっただけだが、深い淵の青い水と合わせて、静かな風景をつくっていた。

 日本列島を縦断した台風18号は、台風一過の青空をもたらした。県道熱海箱根峠線では、時折富士山が堂々とした山容を見せ、観光客を喜ばせた。澄んだ風景が楽しめる季節ももうすぐ。(前)