山地を利用し山頂や山腹に築かれた城である山城。伊東市鎌田の城山山頂付近にある中世の山城跡「鎌田城跡」が近く、市の文化財に指定される見通しになった。市文化財保護審議会が、市教育委員会に建議した。

 土塁、柵列、空堀、段差、切り岸、排水溝、柱穴群―。鎌田城跡には、保存状態がとても良い城郭遺構があるという。城好きな全国の愛好者が魅力を感じる遺跡に違いない。審議会のメンバーから「指定だけではなく、(観光的)利活用も重要」との意見もあり、印象に残っている。

 山城が残る市町村が情報交換し、山城を生かしたまちづくりを考える「全国山城サミット」が毎年開催されている。伊東も参加できたら面白い。(佐)