東京・上野公園の東京国立博物館で開催中の興福寺中金堂再建記念特別展「運慶」を訪れた。平日にもかかわらず入口から既に列ができていて「史上最大の運慶展」といわれる同展の人気の高さがうかがえた。

 現存する31体の運慶仏のうち22体が集結。その中に伊豆の国市寺家・願成就院所蔵の国宝「毘沙門天立像」があり、中心的な場所に安置されている。この特別展を通して、価値を改めて再認識させられた。

 運慶だけでなく、父の康慶、息子の湛慶、康弁ら“慶派”の仏像も見応えがあり素晴らしかった。今後、これだけの展示会は開かれないだろうといわれる。同市が企画したバスツアーなどで、足を運んでほしい。(春)