針山さん(右)の動きを見ながら演奏する伊豆フィルメンバー

 観光会館で12日に開かれる「夢コンサート」(実行委員会など主催、伊豆新聞本社後援)で上演されるバレエ「白鳥の湖」の演奏を、伊豆フィルハーモニー管弦楽団が担当する。伊豆フィルがバレエ音楽を演奏するのは今回初めて。本番を前にこのほど、オデット役で出演するバレリーナ針山愛美さんを招き、踊る姿を見ながらの練習に取り組んだ。

 「初めてなので、分からないことだらけ。実際に動きを見ながら演奏することでイメージがわいた」と代表の板垣智昭さん。針山さんも「もっとテンポを早く」「静かな湖が戻ってきたイメージで」などと積極的にアドバイスを送っていた。問い合わせは伊東国際交流協会〈電0557(32)4666〉へ。(水)