伊豆七島の一つで、伊豆大島と新島の間に位置する利島[としま]。晴れた日には伊豆東海岸から三角形の島影を間近に望むことができる。この島で今月12日、33年ぶりの村長選が行われ、話題を集めた

 ▼三つどもえの激戦を制したのは、現職の前田福夫氏(74)。得票は98票。次点とは5票差だった。有権者数は252人で、投票率は94・05%。ほとんど顔見知りで、選挙ポスターも、選挙カーも不要な選挙だった

 ▼下田から利島へ定期便が出ている。距離は約35キロで、陸上では東伊豆町大川付近に相当する。しかし、今は昔ほどの結びつきはなく「近くて遠い島」になった。石井直樹市長の時代に市民有志を募って訪問したこともあったが、途絶えて久しい

 ▼かく言う筆者も一度も訪れたことはなく、どんな島なのか調べてみた。人口約320人。周囲8キロ、面積は4・12平方キロメートル。砂浜はなく断崖絶壁に囲まれ、標高508メートルの宮塚山がそびえる。島全体が約20万本の椿林に覆われ、椿油の生産量は日本一。近年はイルカと一緒に泳ぐドルフィンスイムが人気という

 ▼島影を毎日望みながら、今回の選挙がなければ、気に留めなかったかもしれない。他の伊豆七島を含め島の“隣人”たちともっと交流を深めたい。