元スピードスケート・ショートトラック日本代表の勅使川原郁恵さんが熱海市立桃山小の学校保健委員会で、正しい姿勢について児童や保護者に語った。

 スマートフォンの普及により、最近増えているのが「猫背」という。顔を下に向け長時間利用すると、猫背になりやすいという。スマホは若者を中心に持っていて当たり前になりつつある。“現代病”と言えるのかも知れない。

 子どもたちはテレビゲームなどで長時間同じ姿勢を続け、悪い姿勢が身についてしまうこともあるという。長時間座って仕事をしている人も同様だという。対策は正しい姿勢を心掛け、定期的にストレッチすること。心当たりのある人は注意を。(北)