ニカッと笑う姿にあこがれた。一昔前の外国映画で見たワンシーン。ニコッではなくクスッでもない。死語だろうか「タフガイ」ならではの男の笑顔だ。

 先日、開かれた函南町での「2080コンクール」表彰式。80歳以上で自前の歯が20本以上ある93歳までの48人が受賞した。コンクール参加希望者は指定医療機関で歯科検診という厳正な審査を受けた結果だ。

 驚いたことに受賞者の男性(87)は親知らず1本を含めた29本がいまだ健在だという。どれだけ丈夫か、と思わず突っ込みたくなる。秘けつの一つにまめな定期検診を挙げた。

 健康長寿を支える歯。自分は80代に何本、自前の歯はあるだろうか。高齢者タフガイは夢か。(鳥)