大手旅行予約サイトの楽天トラベルが選ぶ「2017年年間人気温泉地ランキング」で熱海温泉が4年連続1位になった。昨年11月から今年10月までの宿泊実績を基に独自集計したデータで、ここ数年の熱海市中心市街地のにぎわいも納得できる結果といえそうだ

 ▼ネット予約サイトの利用者の中心は20代の若年層と、30、40代のファミリー層とされる。熱海駅周辺の人気の飲食店などに行列をつくる観光客がまさにその世代。高度経済成長期、観光熱海の主役だった団体客はすっかり影が薄くなり、繁華街の雰囲気は様変わりした

 ▼ネットの旅行予約、物販や通販で近年売り上げに多大な影響力を与えているのは利用者が投稿する「口コミ」や「レビュー」。高評価は売り上げに直結し、逆にマイナス評価は大打撃につながることもある

 ▼投稿を日々こまめにチェックする経営幹部や店長は少なくないという。価格やサービスで他と差別化を図るのは当然としても、ネットの評価に一喜一憂するのはいかがなものだろうか

 ▼実績に基づく熱海の4年連続1位は誇るに十分値する。一方でネット世代は移り気の多いことも肝に銘じて、商品力とサービスの向上、本業に磨きをかけていくべきだろう。