先日、久しぶりに浅草に出掛けた。雷門を抜け仲見世通りを歩いた。人形焼き、雷おこしといった名物や伝統工芸品の店が立ち並び、だんご、せんべいなど歩きながら食べられる品を売る店も多く、飽きない。外国からの旅行者は、日本ならではの観光地を楽しんでいた

 ▼少し時間が早かったので、東京スカイツリーに足を延ばした。歴史を感じさせる浅草とは違い、周囲には現代的な建物が並んでいた。スカイツリーの足元にある「東京ソラマチ」は通常のショッピングモールにもある現代的な店が並ぶ一方、あめ細工など地域に伝わる品も売っていた

 ▼二つの場所は1、2駅しか離れていない。東京には、浅草やスカイツリーと並ぶような名所が数多くある。いくつもの魅力があることで、日本で最も観光客を集める都道府県になっている

 ▼伊豆半島も個性的だ。熱海だけを見ても、都会的なリゾートの中心部、のどかな雰囲気も漂う南熱海、頼朝・政子ゆかりの伊豆山、湯河原との結びつきが深い泉と、違う顔を持つ

 ▼伊豆全体が協力していくことは必要だが、多くの人に訪れてもらうためには、多様さを知ってもらうことが大切だ。それぞれの個性を磨くことで伊豆全体がより輝けるはずだ。