「なぜ読み聞かせをするのでしょうか。子どもたちを本に導くためです」

 図書館司書を20年近く、御前崎市立図書館子ども読書担当を4年務めた吉住幸子さん(常葉大非常勤講師)が、東伊豆町立図書館の生涯学習講座「子どもたちが本好きになるために~読み聞かせの大切さ~」で語った。

 読み聞かせが大切なのは「親が一緒に楽しく過ごしてくれる幸せな時間だから」と聴き納得した。寝床で母親や父親に絵本を読んでもらった人は多いだろう。親の愛を同時に注ぐことができる。

 といっても構える必要はないのだそうだ。「絵本が語るので、大げさな声色はお話を損ないます。読み手が絵本に勝ってはいけません」(日)