伊豆市の子育て情報誌「familyizu(ふぁみりいず)」が創刊された。ファミリー(家族)と伊豆を合わせて命名。家族で伊豆市を楽しむための情報誌として、季節ごとに発行する

 ▼誌面の企画から取材、撮影、編集まで全てを担当するのは、市が募集し昨年2月に設立された「子育てママスタッフ」の有志8人。下はゼロ歳児、上は高校2年生の子どもがいる母親たちが、子育て中のママ目線で情報発信する

 ▼創刊号は「ファミリーでサイクリングを楽しもう」をテーマにした特集を中心に、市内で活躍する人として学童野球チームのコーチ、子育てに関する団体や場所、飲食店などを掲載した。次回は「お花見」を特集する予定で、読者が参加できるコーナーも増やしていくという

 ▼着目したいのは、編集メンバーのほとんどが市外出身者ということ。静岡市や焼津市、函南町などから嫁いで来た人のほか、夫婦とも市外出身で、移住先として伊豆市を選んだメンバーもいる。市内の人は当たり前と思っていることでも、移住者の目には楽しいと映ることもあるだろう

 ▼情報誌発行は、子育て世代の転入促進・転出抑制や出生率向上が目的。まずは市民が地元を楽しいと思えることが大切だ。