石廊崎富士山中腹の浅間神社

 石廊崎に「富士山」と呼ばれる山がある。石廊崎の集落から見るときれいな円すいで標高は240メートル、中腹に浅間神社が祭られている。先週、地元ガイドと神社まで行った。

 午後1時半ごろ出発した。参道は円すいの山体を正面から真っすぐ登るようにできており、最大傾斜は30度を超えていると思う。枝や石に手を掛け四つんばいになりながら神社に到達したころには、メンバーは息も絶え絶えだった。

 山の南を抜ける石廊崎−中木間を結ぶ古い峠も併せて歩いた。石仏や畑の跡など生活の跡が見られた。峠頂点の石仏にお供え物があり、今も人が来ていることがうかがえた。なお整備された道ではないので、案内なしでは勧めない。(航)

 【写説】石廊崎富士山中腹の浅間神社