大室山、一碧湖、小室山、松川、オレンジビーチ、巣雲山、汐吹海岸、城ケ崎海岸は「伊東八景」と呼ばれる。伊東市内に数ある景勝地の中から厳選した名所中の名所だ。だが友人や知人に伊東八景の話をすると、「大室山頂に行ったのはいつだったかな」などの答えが返ってくる。ご無沙汰している人も多いらしい

 ▼好天に誘われて先日、小室山を歩いた。高低差がきつかったものの、途中に置かれた恐竜たちに元気をもらい、恐竜広場へ到着した。整備された歩道が歩きやすかったことは新たな発見だった

 ▼また別の日は、松川湖周遊道路を歩いた。水をたたえた美しい湖と水墨画のような周囲の自然を見つつ、風の音と鳥の声に聴き入った。何とも贅沢[ぜいたく]な時間だった

 ▼伊東だけでなく、伊豆の自然や景勝地は魅力的な場所ばかり。何度訪れても色あせず、行くたびに新しい発見、出会いがあると思っている

 ▼ならば、伊豆が誇る風景を「伊豆八景」、珍しい光景を「伊豆八珍」などと名付け、多くの人が興味を引くよう、さまざまな“固まり”をつくってPRできないだろうか。中心となるのは「美しい伊豆創造センター」だ。観光資源は発掘するだけでなく、集積にも力を入れたい。