伊豆市土肥地区の沿岸部が、全国初となる津波災害特別警戒区域(オレンジゾーン)に指定された。今後は、安全対策に積極的に取り組んでいる地域として積極的にアピールしていく。

 土肥地域では、住民たちが観光と防災のバランスの取れたまちづくりについて2年以上にわたって議論を重ねてきた。これまでの地域主体の活動が評価され「ジャパン・レジリエンス・アワード」のグランプリにも選ばれた。

 豊かな自然だけではお客さんは呼べない。地域住民が一体で同じ方向に進むことが大切。今回の指定をスタートと考え、「土肥」の名前と防災への取り組みを知ってもらうことが、観光にもつながっていくはずだ。(杉)