2018年度もスタートして5日目。新社会人は、研修真っただ中といったところ。長くて3カ月~半年、短くても1~2週間程度、業務や社会人としての基礎をたたき込まれる。事業所によってはかなり厳しい研修もあると聞くが、頑張って乗り越えてほしい

 ▼大学などの進学者は、すでに入学式を終えた人も多い。親元を離れ1人暮らしを始めた者、新幹線などで遠距離通学する者などさまざまだが、新生活のスタートにワクワクした毎日を送っていることだろう

 ▼一方、高校進学者は、真新しい制服も届き、入学式を迎えるころだが、小中学校との違いに戸惑いがあるかもしれない。同じ高校でも学科やコースに分かれ、進路を意識した授業が展開されるからだ

 ▼10年以上前のことだが、2歳違いの3人の子どもの高校入学式に出席した。公・私立3校それぞれ校風が表れた式だったが、一つだけ共通していたことがあった。それは式後に保護者に対し行われた大学受験など進路に対する説明だ。入学したばかりなのに…

 ▼高校は大学進学や就職へのステップではあるが、予備校ではない。かけがえのない3年間、将来のため努力しつつも部活動などにも取り組み、楽しく有意義な日々にしてほしい。