ついに花粉症になったらしい。十数年前に耳鼻咽喉科で受けた検査で複数の花粉に対するアレルギーがあると診断された。数年前、眼科医に「花粉症が目に出ていますよ」といわれた。それでも自覚症状はなく、気にしていなかった

 ▼鼻が詰まり寝付かれない夜もある。マスクをするなどして自衛しているが、症状は改善しない。まだ軽症なのだろうが、続くとつらい。予防策は目や鼻に付着する花粉を減らすこと。厚生労働省のホームページなどでは、マスクのほか、眼鏡の着用、洗顔、うがい、掃除などを挙げている

 ▼花粉症の原因となる植物は、2~3月にピークを迎えるスギのほか、ヒノキ科、イネ科、ブタクサ属、ヨモギ属などがあり、関東や東海地方では、花粉がほとんど一年中飛散しているという

 ▼多摩地区を抱える東京都では、1983年から花粉症対策に取り組んでいる。都農林水産振興財団は都とともに2006年から、スギ、ヒノキの人工林を伐採し、花粉の数が従来の100分の1以下のスギに植え替えているという

 ▼木々が多い伊豆半島でも、花粉が多く飛散する。花粉と無縁でいられる空間があれば、行きたいという人は多いはず。誰か実現させてくれないかと思う。