伊豆の国市が製作したヘルプカード

 「ちょっと手助けが必要な人」と「ちょっと手助けしたい人」を結ぶ「ヘルプカード」を、伊豆の国市がこのほど作製し、配布を始めた。障害のある人が緊急時や災害時に周囲に支援を求めたいときに使用する。掲示することによって、必要な支援や配慮が受けられる。

 所持しているのは、障害手帳所持者、難病患者、障害福祉サービス利用者のほか、持病がある人、高齢者、妊娠している人、発達障害、高次脳機能障害がある人など、カードを必要とする人。カードにはヘルプマークが印刷され「配慮してほしいこと」「お願いしたいこと」などが記載されている。見かけたり、掲示されたりしたら適切な配慮、支援をお願いしたい。(春)

 【写説】伊豆の国市が製作したヘルプカード