1年半ぶりに熱海勤務となり2週間がたった。以前勤務していた経験から、道に迷うようなことはないが、久しぶりに会う人たちとあいさつを交わし「もう戻ってきたの」と笑われるとなんだか気恥ずかしい。

 戻ってきて、取材をする中で一番驚いたことは熱海の急速な高齢化率の上昇だ。2015年4月で43・5%だった高齢化率は3年で46%となり、50%が目前に迫っている。1人暮らし世帯や買い物難民の増加など、対策をしなければならない高齢者問題は多い。

 今年は市長選がある。3年連続の宿泊客数300万人、国際映画祭開催と、明るい話題もある熱海だが、市民も積極的に目の前にある大きな課題に目を向けてほしい。(三)