先日、熱海市内の交通死亡事故ゼロが連続100日を超えた。1月まで継続していた記録780日にはまだまだ遠いが、1日でも長く悲惨な事故による死者が出ないよう祈るばかりだ。

 大型連休が28日にスタートし、伊豆入りする自動車、二輪車で熱海市内の交通量は大幅に増えている。熱海の道は狭い道やカーブが多く、土地勘のない観光客は運転に苦労するかもしれない。

 地元民であれば注意するであろう、横断歩道以外での道路横断が多い場所も、観光客には分からない。そのような環境下で事故が起きないよう、ドライバーだけでなく歩行者も横断歩道利用、左右の確認などを徹底し、普段以上に周囲に気を配ってほしい。(三)