松崎と西伊豆の飲食店などで組織していた「西伊豆料理飲食組合」が解散し、青年部のメンバーが西伊豆料理飲食有志会として活動を継続している。

 有志会の石田城治代表は組合加盟店の減少を解散の理由に挙げた。その上で有志会設立について「何も活動をしなければ、会員同士のコミュニケーションが少なくなる。それだけではなく、地域との交流も減ってしまう。それは避けたかった」と話した。今後は青年部が行ってきた5月の箸供養祭と12月の下田市の障害者支援施設へのラーメンの無料出前を続けていくという。

 わずか7人の会員で、活動を続ける有志会を今後も応援していきたい。

(北)