ジャケツイバラをご存じだろうか。山中に自生するマメ科のつる性植物で鋭いとげを持つ。漢字で書くと「蛇結茨」、蛇がからみ結ぶ茨の意味でまがまがしい。一方で30センチも上に伸びる大きな黄色い花を咲かせ、文字通り「きれいな花にはトゲがある」植物だ。

 先日某所で枝をいただいたので、挿し木にした。採取時は繁茂したとげ付きのつるが絡み傷だらけになったが、花のためなら仕方ないだろう。

 根付くか楽しみでそんな話をしていたら、知人に「シカよけになるのではないか」と言われた。その発想はなかったが、確かに鉄条網のように使えるかもしれない。ただ繁殖力旺盛なので、山に地植えして管理できるか保証できない。(航)