自動車を運転中、前を走る車のナンバーを見る。このところ「名古屋」を筆頭に「豊田」「尾張小牧」「一宮」など、愛知県ナンバーが増えたように感じる。新東名高速がつながり、渋滞を気にせず伊豆に来られるようになったためとみられる。

 東伊豆町稲取で今年行われた細野高原山菜狩り園に来た自動車調査でも、昨年わずか5台だった愛知県が14台と、3倍近くに増加した。

 調べた町観光協会は「依然として県内、神奈川県と東京都からが多いが、愛知県がベスト5に浮上した。西方面への誘客宣伝も検討したい」と言う。

 伊豆縦貫自動車道の整備も進んでおり、愛知県から1泊で賀茂地区に観光旅行に来やすくなっている。(日)