「引っ越してきたばかりなので、みんなで仲良くしてほしい」「子どもだけでなく、親同士も知り合い、友人を増やさないと」−。函南の子育て交流イベントで、新たに暮らす地域にいち早く溶け込もうと頑張る母親たちの胸の内を耳にした。

 転勤などのために家族の住環境が大きく変化する4~5月は、親や子どもたちが知らないうちに大きな心理的ストレスを抱えてしまいがちだ。特に母親は、しつけや子育てに息苦しさを感じ、「心に余裕が持てない」「もう少しイライラを減らしたい」といった本音もあるようだ。

 筆者も転勤を伴う仕事柄、そうした家族の心境に無縁とはいえない。「1人で抱え込まない」ことの大切さを、改めて痛感した。(藤)