先日の南伊豆町議会6月定例会で、町立自然公園石廊崎オーシャンパークの指定管理者が石廊崎区に決定した。開園は10カ月後に迫り、早急な運営体制確立と広報宣伝、集客プランづくりが待たれる。半島最南端の再生の動きには伊豆全体の注目が集まっている。

 採決が行われた議場には9人の区民が傍聴に来ていた。平日の昼間ということもあり役員と高齢者ばかりだったが、1人だけ30代の漁師が交じっていた。昨年の石廊崎の秋祭りでは、10人ほどの若衆が太鼓台を担いでいたのを覚えている。運営には若手の創意工夫も生かしてほしい。

 10億円超のかかった巨大事業だけに、単なる駐車場で終わってはいけないだろう。成功を祈る。(航)