横浜市中区、みなとみらい21地区の一角に「カップヌードル・ミュージアム」がある。インスタントラーメンを発明した日清食品創業者・安藤百福さんを顕彰する記念館でもあるが、年間100万人もの入館者を集める観光スポットになっている

 ▼展示に加え、さまざまな食育アトラクションがある。中でも人気なのが「チキンラーメン・ファクトリー」で、小麦粉をこねるところから“自分だけのチキンラーメン”作りを体験し、持ち帰れる。有料(大人500円)だが、週末の予約はなかなか取れないという。近年、食の見学・体験は注目の的だ

 ▼函南町の伊豆中央道沿い、道の駅・ゲートウェイ函南の隣接地で、辛子めんたいこのテーマパーク「めんたいパーク」の建設が進んでいる。県内初の施設で、メインのガラス張りの工場では、全製造工程を見学できる

 ▼福岡の老舗かねふくグループが運営し、直売店やギャラリー、ゲームコーナー、富士山を望む足湯なども備える。オープンは12月13日の予定。年間100万人の来館が目標という

 ▼同道の駅の近くには山本食品(本社・三島市)の見学できる工場を備えた店舗「伊豆のわさび屋」がある。相乗効果でさらなるにぎわいを期待したい。