先日、熱海市網代では最高気温30・1度を観測し、本年度初の真夏日(気温30度以上)となった。じめじめと蒸し暑い気候が続いているが、もうしばらくで梅雨が明け夏本番となるだろう。

 そんな季節に心配なのが熱中症。気温が高い中での運動や作業で体内の水分、塩分バランスなどが崩れ、体温上昇や目まいなどさまざまな症状を引き起こす。屋外で活動する際はこまめな水分補給、木陰での休息といった対策が必要だ。

 また、屋内でも温度が高ければ熱中症になる可能性があることを忘れてはいけない。部屋ならば大丈夫と油断せず、エアコンなどの冷房機器をうまく使って暑い季節の体調管理をしっかりしてほしい。(三)