振り込め詐欺をはじめとする特殊詐欺の手口は多種多様で、“思い当たる”ことの危険を実感させられた。

 最近は映画やドラマのDVDなどをインターネットでレンタルでき、筆者も利用している。先日メールで「動画配信サービスのお申し込み受け付け」が届いた。思い当たる節はあったが、初めて見るメールアドレスは予防策としてインターネットで検索している。詐欺に絡むものであれば「詐欺」「不審」という文字が出てくる。アドレスは「詐欺メール」とあった。

 メールの文章に不審点はなく、自分に思い当たることがあったため、危うくだまされるところだった。「詐欺は人ごとではない」。思い知らされた。(北)