先日、北鎌倉を訪れた際、地域の祭りが行われていた。神社の例大祭だった。「鎌倉らしい」と感じたのは建長寺など有名な寺院を回り、神事を執り行うことだった。

 浄智寺を訪れると管理者が「年に1度だからすごくいい時期に来たね」と言っていた。男女問わずおそろいの法被を着てみこしの周りに集まり、世間話をしたり食べ物を食べたりする光景は見ていても楽しい。

 祭りの関係者によると、最近はさまざまな地域で祭りを担う人材不足に困っているという。若者がいないため都内でボランティアを募集しているのが現状だ。ボランティアには賛否両論あるだろうが、伝統的な祭りがいつまでも続いてほしいと思う。(恵)