北寄りの風が吹いた18~20日、気象庁網代観測地点の最高気温は25・4~26・3度の間で推移し、なんとなく秋の訪れを思わせる涼しさとなった。

 21日は台風19号、20号の西日本接近で南から暖かい湿った空気が入り込み、夕方に30度を超すなど真夏の暑さに戻った。22日は午前8時台に早くも30度以上を観測し、湿度も70%前半~80%後半で推移した。

 不快指数の公式が載るホームページで、気温30度と湿度75%を入れて計算すると、不快指数は82・2で、5段階の4番目(80~85)で、ほとんどの人が不快を感じるレベルだった。冷房を使うかどうか、感覚が鈍くなっているときもあり、こうした指数も判断材料にしてほしい。(前)